株式会社ゼネバ 公式サイト
お気軽にお問い合わせください
024-572-7196
[受付] 9:00~16:00(土日を除く)

会社・工場案内

ホーム > 会社・工場案内

社長挨拶

当社の社名である“ゼネバ”は、機械設計者出身であった創業者が(スイスの)機械式時計で発展してきた“ゼネバ機構(ドライブ)”に特別な愛着を持っていたことに由来しています。

これは「連続回転運動を断続回転に変化させるメカニズム」であり、眺めていると「一心不乱に走り続けている状態から、ふと立ち止まって考え、その後再び走り始める」というような人間的な動きに見えてきます。

当社は創業55周年に当たる2019年5月に、生産能力増強のために現在の地(福島市荒井)に移転し、社名も「株式会社 城北ゼネバ福島工場」から「株式会社 ゼネバ」に変更、そして、今後の会社の方向性を明確にするため、『全社員の幸せを追求するとともに、金属加工を軸として、お客様の繁栄と地域の発展に貢献します』との経営理念を定めました。

今後供、従来からの金属切削加工を引き続き本業としていきますが、収益源の多角化と地域社会への貢献に資するような新事業を順次立ち上げていく予定です。

代表取締役 増渕 洋

経営理念

全社員の幸せを追求するとともに、
金属加工を軸として、
お客様の繁栄と地域の発展に貢献します

経営ビジョン

  1. 1社員の幸福度での
    地域No.1企業を目指す
  2. 2品質・技術面での
    地域No.1企業を目指す
  3. 3お客様満足度での
    地域No.1企業を目指す

社是

1創 意
私たちは常に創意工夫をこころがけます
2誠 意
私たちは常に最大限の誠意をもってお客様に対応します
3熱 意
私たちは常に熱い心で事にあたります

会社方針:「3Sと安全、工夫と改善」実践のための7か条
(3S:整理、整頓、清掃)
(5S:整理、整頓、清掃、清潔、躾)

1
あいさつは「先に」「明るく」「元気よく」
2
「ムリ・ムダ・ムラ」を徹底的に排除しよう
3
100点を狙うな。60点で良いから、すぐやろう
4
金を使うな、知恵を出せ。知恵がなければ汗を出せ
5
できない理由よりやる方法を考えよう
6
今日が1番悪いと思え
7
改善は無限である

会社概要

社名 株式会社 ゼネバ
代表者名 増渕 洋
所在地 〒960-2156
福島県福島市荒井字山道11-1
資本金 1,000万円
設立 昭和39年8月
事業内容 精密機械部品挽物加工業、食品加工販売業
加工内容 自動車部品、ガスメーター・水量計部品、産業用機器部品
その他精密機械部品の切削及び挽物加工、発酵食品の販売
沿革
(1)
昭和39年8月、関根敬次郎が東京都板橋区赤塚五丁目2-13に城北ゼネバ工業所を設立。
自動盤を主体とした精密挽物加工、有限会社城北工業所(現、城北工業株式会社)と提携、小型歯車加工・プラスチック成形並びに金型の製作をする。
(2)
昭和41年11月、株式会社城北ゼネバ工業所とする。
(3)
昭和49年4月、業務拡張につき、福島県福島市笹木野字街道北75-1に福島工場を併設。
(4)
昭和55年12月、株式会社城北ゼネバ福島工場として独立。
(5)
平成6年6月、加藤堯が代表取締役に就任。
(6)
平成18年6月、増渕洋が代表取締役に就任。
(7)
令和元年5月 福島市荒井字山道11番地の1に新工場設立、本社とする。
(8)
令和元年5月 社名を株式会社ゼネバとし、食品加工・販売業務の開始
敷地・建物
(1)
敷地 8,727.19㎡
(2)
建物 3,749.64㎡
従業員数 31名
設備案内
工作機械主要設備 NC旋盤機 32台(Φ3~Φ65)
チャッカタイプNC旋盤機 5台
転造盤 4台
測定機器 輪郭形状測定機 1台
投影機 1台
画像測定器 1台
粗さ測定器 1台
洗浄機 3台
主要納入先
  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • 株式会社ファスナー産業
  • マツモトプレシジョン株式会社
  • 株式会社城北ゼネバ工業所
  • 株式会社青木製作所
  • 日立オートモティブシステムズビジネスサービス株式会社
  • 奧州産業株式会社
  • 株式会社千歳家(割烹)
  • 株式会社曙ブレーキ福島
  • 有限会社カツヨテクノロ
  • 東北精密工業株式会社
主要仕入先
  • 林精鋼株式会社
  • 株式会社プルータス
  • 飯田金商株式会社
  • 株式会社渡辺商店
  • 旭鋼管工業株式会社
  • 株式会社丸滝
主要取引銀行 福島信用金庫/八島田支店
東邦銀行/福島西中央支店
日本政策金融公庫/福島支店

取引先名 順不同